MENU

生理周期が安定していない人ほどおススメな排卵検査薬

 

子供の頃から、あんまり生理周期が安定していなかった私。

 

若い頃はあんまり生理周期がおかしくても、特に問題がなかったけど、やっぱり大人になって、結婚をするようになってからは、「ちょっと困ったな」って思うようになりました。

 

というのも、やはり生理周期が安定していないと、排卵日がわかりにくいので、妊活しにくいからです!

 

今は排卵検査薬があるけど、やっぱり生理周期が不安定な人が排卵検査薬を使うと、何本も無駄にしてしまうことが多いので、難しいですね。

 

やはり排卵検査薬に陽性反応が出るようにチェックをするためには、基礎体温やおりものを普段からチェックしていないとダメだなって思いました。

 

基礎体温は毎日つけないといけないので、面倒くさがり屋の私は、早々に挫折しました!

 

だけど、おりものの変化は、なんとなくわかったので、私はいつもおりものの変化を感じた時に排卵検査薬を遣うようにしていました。

 

排卵日が近づいてくると、おりものはサラサラになって、排卵日になると、チョットどろっとしたおりものが出てきます。

 

そうしたおりものの変化をちょっとずっつ察知しながら、排卵検査薬を使用すると、意外に上手くいくのでおすすめです。

 

でも基礎体温もつけたほうが良いですけどね。

妊娠中に飲み続けたいルイボスティー

 

妊娠すると、「塩分は控え目に!」「初期はビタミンAを取り過ぎるな!」「飲物はノンカフェインを!」など、多くの注意を産院から受けました。

 

産院ではルイボスティーとかタンポポコーヒーを勧められましたが、結構好き嫌いが分かれる味ですよね。
ルイボスティーを気に入った人は妊娠中に飲み続けるのは良いと思います。

 

でも、ルイボスティーがちょっと苦手だな~って思った人は、日本茶を飲むのがいいかなって思います。
私はルイボスティーよりも日本茶を愛飲していましたが、特に問題はありませんでした。

 

カフェインが気になってしまうっていう人は無理にでもノンカフェイン飲料を飲み続けるのもアリかと思いますが、やはり嫌いな人はストレスが溜まってしまうと思います。
妊娠中はストレスを貯めると、すごく体調に影響をしやすいので、ストレスを貯めるくらいだったら、たまにカフェイン入りのジュースを飲んでも良いと思います。

 

毎日一リットルとか、大量に飲んでいる場合は考えないといけないですが、たまにだったら特に問題はありません。
妊娠中は喉が渇くので、たまに炭酸飲料を飲みたくなってしまい飲んでいましたが、健康な赤ちゃんが生まれました。
ほどほどだったら気にし過ぎない方がいいかもしれません。