MENU

排卵検査薬の使い方は朝一?

 

排卵検査薬の基本的な使い方をどの程度理解していますか?

 

基本的にどのように使用するのかも知らなければ、効果を得ることはできないでしょう。

 

排卵検査薬は妊娠をしたいと考えている女性が、使用するものです。

 

検査薬がなければ妊娠することができないのか、と言えばそんな事はありません。

 

しかし妊娠検査薬を使用することで、タイミングを見計らって性行為をすることができるというものです。

 

それはつまり妊娠の確率を飛躍的にアップさせることができるのです。

 

自分は妊娠しにくい体質である、と考えている方や、妊娠のタイミングをコントロールしたい方にとっては必要不可欠なものです。

 

 

排卵期の前になると黄体形成ホルモンの分泌量が増加します。

 

黄体形成ホルモンの量を排卵検査薬で測定して、排卵日を予測します。

 

 

排卵日を前もって知ることができれば、性交に最も適したタイミングで性行為をすることができるのです。

 

基本的には尿を試験紙にかけたり、浸したりして数分待つだけです。

 

陽性であれば36時間から24時間以内に排卵します。

 

ただし、排卵検査薬は朝一で使用したとしても検査結果が正確でないことがありますので、朝ではなく夜使用するようにしましょう。

 

また朝と夜2回使用するというのもオススメです。

 

旦那さんに男性不妊の検査を受けてもらう重要性

 

ロートが販売している排卵検査薬の口コミを見てみたら、「価格が高い」って意見が多く、やっぱりな~って思いました。
ロートが販売している排卵検査薬だけではありませんが、日本製ってどうも高いですよね。

 

口コミを見てもロートの排卵検査薬を日本製だと安心して購入できたのは良いけど、コスパが悪すぎてリピできないっていう意見が多く納得でした。
妊活はお金の問題も影響するから、コスパってすごく大事!
ただ、最近はいきなりタイミング法を始めるよりも、まずはブライダルチェックを考えた方が良い。

 

男性不妊が最近は多いですが、男性不妊かどうかを調べるには、男性にちゃんと病院で検査を受けてもらうしかないんですよね。
無精子症などは、見ただけではありません。

 

やはり、高齢の男性の場合は、妊活する前にちゃんと病院で調べてもらうことが大事だと思います。
男性不妊の原因があるのに、妊活をしても、結局は意味がありません。
女性だけがサプリメントを飲んだり、体の調子を整えても男性に問題が合ったら、台無しです。

 

それだけに男性側も自分の体調について、一度ちゃんと向き合う必要があります。
そういう基本的なことが出来ないと、妊活って上手く行かないんですよね。
男性の健康に対する意識っていうのは、やっぱり高くないと難しいです。