MENU

排卵検査薬は朝一で使うべき?

 

排卵検査薬は誰でも手軽に使用することができます。

 

しかし、効率よく信頼できる検査結果を得るためには、使用する時間帯に気を遣うようにしましょう。

 

妊娠検査薬を使用する場合には、朝一の使用が良いと言われています。

 

そのため排卵検査薬を使用した時には、朝一の尿が良いと思っている方も多いです。

 

しかし、検索の場合には朝一の尿はホルモンの量が多く含まれているために、偽陽性反応が出てしまうことがあるのです。

 

そのため排卵検査薬を使用する場合には、朝一はできるだけ避けるようにしましょう。

 

排卵検査薬の陽性反応が出るのは排卵から24時間、もしくは36時間の間です。

 

つまり前日の夜に黄体形成ホルモンの量が上昇してきていた場合には、朝の検査の時点で陽性反応が始まってから、どのくらいの時間が経過したのかを正確に判断することができません。

 

朝に検査することでホルモンの濃度が最も高くなり、排卵まで1日から2日という最高のタイミングでの成功するためには、朝では遅すぎるのです。

 

夜検査をするのがお勧めです。

 

ただし、より正確な検査結果を得たいのであれば、朝と夜2回検査をしてください。

 

検査薬はある程度の費用がかかりますが、それでも妊娠できるかどうかに深く関係してくる事ですので、惜しみなく使うようにしましょう。

 

 

ブライダルチェックに協力してくれないような男性

 

ブライダルチェックに協力してくれないような男性だと、妊活への協力も難しいかなって思います。
男性って、不妊治療で通院することを嫌がる人が本当に多いですが、やっぱりブライダルチェックを一緒に受けてくれるような人は、妊活でも協力が期待ができます。

 

でも、ブライダルチェックにも協力しないような人だと、やっぱり妊活になっても、通院が嫌だとか、子作りは疲れて嫌だとか、なかなか前向きに考えてくれない人もいます。
男性の協力がないと、なかなか妊娠できないので、やっぱり妊活にはある程度向き・不向きのパートナーってあると思います。
そういう意味では、川崎希さんの旦那さんのアレクさんって、すごく妊活に協力的で良い旦那さんだと思います。

 

タイミング法では、ロート製のドゥーテストlh排卵検査薬は7日分で1日に1本使うのが基本とされています。
でも、多くの人の体験談を聞いていると、1日1本ではなく、1日に2本使いしている人も多くて、1本じゃタイミング合わせるのは難しいと言われています。

 

そのため、7日分で7本しか入ってないロート製のドゥーテストlh排卵検査薬で1日複数利用するのであれば、1カ月に数万円単位の出費がかかる可能性があります。
経済力も妊活に必要な条件ですね。