MENU

排卵検査薬は朝一で使うべき?

 

排卵検査薬は誰でも手軽に使用することができます。
しかし、効率よく信頼できる検査結果を得るためには、使用する時間帯に気を遣うようにしましょう。

 

妊娠検査薬を使用する場合には、朝一の使用が良いと言われています。
そのため排卵検査薬を使用した時には、朝一の尿が良いと思っている方も多いです。

 

しかし、検索の場合には朝一の尿はホルモンの量が多く含まれているために、偽陽性反応が出てしまうことがあるのです。
そのため排卵検査薬を使用する場合には、朝一はできるだけ避けるようにしましょう。

 

排卵検査薬の陽性反応が出るのは排卵から24時間、もしくは36時間の間です。
つまり前日の夜に黄体形成ホルモンの量が上昇してきていた場合には、朝の検査の時点で陽性反応が始まってから、どのくらいの時間が経過したのかを正確に判断することができません。

 

朝に検査することでホルモンの濃度が最も高くなり、排卵まで1日から2日という最高のタイミングでの成功するためには、朝では遅すぎるのです。
夜検査をするのがお勧めです。

 

ただし、より正確な検査結果を得たいのであれば、朝と夜2回検査をしてください。
検査薬はある程度の費用がかかりますが、それでも妊娠できるかどうかに深く関係してくる事ですので、惜しみなく使うようにしましょう。