MENU

共働きの妊活は排卵検査薬

 

私と主人は、お互いに共働き。

 

どっちも仕事が大好きなタイプで、休みは夫婦二人で楽しく過ごしていたりするので、それで十分満足。

 

でも、周りは「それじゃ、大人になれない」とか「子供がいないと人の気持ちがわからない」とか。

 

子無しの幸せをなかなか認めてくれないんですよね。

 

ただ、私はそれでも「別に」って思っていたんですが。

 

ある日主人の同僚から、主人が職場の上司たちから「子供がいないのは奥さんのわがままに振り回されているからじゃないのか?」など、色々と根ほり葉ほり聞かれているのを、いつも上手くやり過ごしているというのを聞いて、ショックを受けました。

 

主人は何も言わなかったので、きっと私に気を使ったんだろうなって思いました。

 

もともと、子供を望んでいなかったのは私で、主人は子供が出来てもどっちでもいいよっていうタイプでした。

 

そろそろ自分が閉経する年齢も近づいてきて、今になってですが妊娠をするのが最後のチャンスと思えてきて、排卵検査薬で子作りに挑戦してみようと思う気持ちが出てきました。

 

病院に通ってまでは作りたくないけど。

 

排卵検査薬でタイミングを合わせて妊娠できるのであれば、それが一番良いなと思い、今はちょっとずつ子供も悪くないと思うようになりました。

 

干渉されると子供は作りにくい

 

ロートの排卵検査薬は日本製でよく売っているので口コミが多いですね。
初心者の人は口コミがない商品は買いにくいと思いますのでロートの排卵検査薬は使用者が多いのでおすすめです。
でも、親の干渉がひどくて妊活を始めたっていう夫婦を私は何人か知っています。

 

自営の友達の場合は、跡継ぎを義母たちが望んでいるので、やっぱり結婚してすぐの時から子供、子供と何度も言われていたようです。
そうなると、妊活するのが嫌になってしまいますよね。
義母って余計に意見を言いにくいですし。

 

一応、話しを素直に聞いているつもりでかわしても、やっぱり時間が経ってなかなか出来ないと、今度は「あの嫁は不妊じゃないのか」と言われたり。
女性は陰でそういうことを言われると、すごく傷つきますからね。
やっぱり頑張ったって、上手く子供が出来ないケースなんか沢山ありますので、もうちょっと言葉と選んでほしいですね。
タイミング法だって、誰でも妊娠できる魔法の妊活方法ではありませんしね。

 

期待をされ過ぎても、それがプラスに働かないこともありますので、やっぱり放っておくっていうのが一番なんじゃないのかなって思います。
それができなくて干渉されると、妊活は苦しいですね。