唾液で排卵検査ができる!? 

 

排卵検査の手段として、よく挙げられるのは、排卵検査薬だと思います。

 

しかし、あれは使いこなすのが中々難しく、慣れるまで何本も消費してしまったり、上手く性交渉のタイミングをとれなかったりと、色々難点があるそうです。

 

また、1回分につき400円以上はするので、決して安いものではなく、妊娠できるまで長期間かかったり、複数子供を作ったりする場合だと、経済的な負担も軽くないのだとか。

 

そこで、最近人気を集めている排卵検査手段があるそうです。それは、排卵チェッカー。

 

排卵検査薬のように尿ではなく、唾液によって排卵を予測するみたいです。唾液で排卵が分かるのか、と最初は疑問でしたが、排卵が近いと唾液中に結晶ができるため、それが手掛かりになるとのことでした。

 

また、排卵チェッカーは、1個5000~10000円程ととても高級ですが、排卵検査薬のように1回限りではなく、半永久的に使い続けることができるそうです。

 

そのため、不妊治療が長引いたり、複数子供を作ったりする場合は、とてもコストパフォーマンスが良いのだとか。

 

1回買ってずっと使い続けられるなら、定期的に買い足す手間も省けますから、至れり尽くせりですね。排卵チェッカーが人気なのも頷けました。

 

 

排卵検査薬は基礎体温をつけないとダメ


生理は不順でも、生理前になると、意外におりものの変化で「そろそろかな?」って気付きます。

 

おりものの変化をよく感じる人は、排卵検査薬を基礎体温でタイミングを見るのではなく、おりものから判断しても良いのかなって思います。

 

基礎体温をつけていても、やっぱり排卵検査薬が反応しないで、何本も無駄にすることって多いですからね。

 

やはり基礎体温よりも、実際におりものなどの自分の体の変化からタイミングを計るのが一番排卵検査薬を使うのに合っている人もいると思います。

 

月経不順の人は、基礎体温では検査のタイミングを見つけるのがすごく難しいので、月経が安定している人よりもすごく難しいと思います。

 

私はやっぱり、月経が安定している人はそのまま基礎体温を信用しても良いと思いますが、月経が不安定な人は、基礎体温を信用するだけではダメだと感じます。

 

排卵検査薬を使うタイミングはすごく難しいですが、やっぱり自分の体の変化は、自分が一番良くわかると思います。

 

基礎体温は目に見える変化があんまりないので、気ずきにくい人も多いですが。

 

おりものだったらわかりやすいので排卵検査薬を使うタイミングを考える時に、参考にしてみると陽性反応が出るかもしれません。

 

 

高齢出産者は安全性を重視した産院選びが大事

 

ロートから出ているドゥーテストlhの排卵検査薬は7日分です。
でも、たった7日分だとlhホルモンの分泌量が少ない人なんかだと運悪く失敗することも多いから、ロートから出ているドゥーテストの日本製の排卵検査薬を使うと出費がかさむ可能性が高くなります。
妊娠したら、その後は出産費用の準備をしないとけませんしね。

 

ただ、出産費用が安く済むと言う点で人気がある助産院は30代の後半は受け入れてくれても、40代になってくると、高齢出産を理由に受け入れをしてくれない助産院が増えてきます。
そのため、助産院での出産を検討していた人にとっては、全くプランが違ってくることもあります。
妊活を続けていても、いつ子供ができるかわかりませんからね。

 

やはり治療によっては、思わぬ時間がかかってしまい、高齢出産になってしまう人もいます。
助産院の方が安いは安いですが、安全性を重視するのであれば、やっぱり総合病院のような大きな病院を選んだ方が、やっぱり安心です。
母体にとっても、お腹の子供にとっても、やっぱり大事な選択になってきます。

 

高齢出産の人は、やっぱり理想よりも、堅実に安全性を重視した産院選びをすることがポイントになってきますね。