安い海外製の排卵検査薬だとどれが良いの?

 

日本製の排卵検査薬は、世界基準で見ると高級な部類に入るそうです。

 

確かに、海外製の排卵検査薬だと、1回分100円以下なんていうのはザラなのに比べて、日本製のだと一番お手頃価格と言われているドゥーテストですら、400円以上しますからね。

 

そのため、不妊治療が長期に渡る場合、日本製排卵検査薬だと地味に経済的に辛いそうです。

 

となると、安い海外製排卵検査薬を使用する日本人女性が、最近では増えつつあるのも頷けます。

 

しかし、安いことに加えて、海外製という点で、やはり品質的には不安があります。個人輸入という購入形式を採らなければいけない関係上、何かトラブルがあっても全て自己責任となってしまいますから。

 

そこで、安い海外製の排卵検査薬で人気のものを探してみたところ、ワンステップというのがヒットしました。

 

お値段はなんと、1回分につきたった80円。

 

しかも、品質の方も、製造国であるアメリカの厚生労働省からちゃんと承認をもらっているため、折り紙つきです。

 

400円と80円では、経済的負担は大きく違いますね。これなら、治療が長期間に渡っても、出費は最小限で済みます。

 

そのため、なるべく不妊治療にお金をかけたくない場合は、ワンステップが良いとのことでした。

 

 

 

排卵検査薬は1日に1本?

 

海外の排卵検査薬は1日に複数テスターを試したい人向けです。

 

日本製の排卵検査薬の使い方のモデルは1日1本で1箱7本入りを販売していることが多いですが、海外の排卵検査薬の使い方は1日2、3本使う人をターゲットにしています。

 

日本の排卵検査薬は、1本だけで500円くらいしますので、1日に複数使用するには高すぎてしまいます。

 

今、サラリーマンのお昼ごはんが500円くらいだと言われている時代ですから、排卵検査薬1本で500円くらいというのは、やっぱり高級品です。

 

沢山使いたくても、1本500円では、何本も気楽に使う訳にはいきません。

 

一方、海外の排卵検査薬はいくら使っても全然減らないので、沢山テスターを使いたい人にとっては、すごく都合が良いです。

 

排卵検査薬は、どうしても数を消耗するので、海外の排卵検査薬を使ったほうがお得です。

 

ただ、海外の排卵検査薬は、ネットでしか売っていないので、それがちょっとネックですね。

 

ドラッグストアなどで購入したい人は、日本製の排卵検査薬しか売っていないので、海外の排卵検査薬を手に入れることができません。

 

ただ、通販の方が安いし、個人輸入品を扱っているショップも多いので、今の時代は本当に便利です。

 

 

高齢出産の難しさと妊娠の確率について

 

女性が妊娠する力を失ってしまうと、子供を授かることができなくなってしまいます。個人差があるものの、33歳を過ぎたあたりから、妊娠する力がどんどん衰退していくと考えられています。

 

こうした状況を踏まえても、35歳を過ぎた高齢出産というのは、いかに難しいものであるかがわかるでしょう。ですから、不妊治療を行いながら、妊娠の確立をアップするということが行われているのです。

 

最近では自分で排卵日を確認する排卵検査薬を用いて、家庭で排卵周期を把握しながら少ないチャンスをつかみ取ることも行われています。こうした努力実って妊娠できたのであれば、あとは出産に向けた環境作りが重要です。

 

高齢出産は流産の確立がアップするため、安静にしていなければならない時期が医師から指示されることもあります。時には入院を伴い、少しでも母体に子供が居られるようなアプローチを行うことも少なくありません。

 

高齢出産は基礎疾患のリスクが高まる年齢であることから、どうしても子供の安全よりも、母体がしっかり生きていけるかを尊重しなければならないこともあります。ただし、こうした数々のリスクを経て出産した子供は、これから楽しい人生を送ることができる環境に身を置くことができるのです。