ドゥーテストで反応が薄いならどの排卵検査薬が良いの?

 

初めて排卵検査薬を使うなら、ロート製薬から販売されている、ドゥーテストが無難だそうです。

 

なぜなら、ドゥーテストは日本製排卵検査薬の中だと、中くらいの感度だからです。

 

つまり、感度が合わないせいで、濃い陽性が出なかった、とか、逆に濃い陽性ばっかり出て時間を図る起点が分からなかった、といったトラブルが一番少なく済むんですね。

 

では、そのドゥーテストで、すっと陽性反応が薄かった場合は、次にどれを選べば良いのでしょうか?

 

まず、ドゥーテストで濃い陽性が出なかったのは、感度が足りなかったからなため、ドゥーテストよりも感度の良いものを選ぶと良いそうです。

 

具体的には、ドゥーテストの感度は30IU/Lですから、それよりも高いものとなると…ミズホメディーから販売されている、pチェックが該当するみたいです。

 

これなら、10IU/Lから黄体ホルモンを検出してくれるとかで。また、3段階に分かれてLH分泌量を示す構造となっているため、初心者でも簡単に使えるとのことでした。

 

ただし、ドゥーテストに比べてお値段の方はちょっと高級で、1回分につき500円以上するみたいです。

 

そのため、なるべく経済的負担を軽くしたいなら、pチェックと同等の感度の、安い海外製排卵検査薬を購入するという手もあるそうです。

 

排卵検査薬は採尿カップを使う?


海外製の排卵検査薬を使う人は、排卵検査薬を買う時に一緒に採尿用のカップを購入することをおすすめします。

 

これまで尿を直接かけるタイプだった人も、海外の排卵検査薬では、直接尿をかけるのが難しいのでカップを利用する人が多いです。

 

使い捨てのカップを使う人もいるし、それこそ洗って再利用ができるような金物で出来ているカップを使う人もいますね。

 

私も妊活ブログを見ていて、どうしようかなってすごく悩みました。

 

使い捨てカップの方が、処分も楽で良いのですが、尿を採取しにくいっていう難点があるんですよね。

 

時々、手にかかってしまうこともありますし。

 

そういうのが嫌な人は、ちょっと大きめに出来ている取っ手つきの金具カップを使うと、悩みが解消されるので良いっていいますね。

 

ただ、何度もおしっこの度に、洗う手間があるので、金具のカップも使い捨てのカップも、一長一短ですね。

 

面倒なのが嫌な人は、使い捨ての方が良いのかもしれませんが、衛生面を重視するのであれば、おしっこの採取が楽で手にかかりにくい金具のカップもいいのかなって思います。

 

ただ、金具のカップの場合は、置き場所に迷ってしまうのがちょっと嫌な所ですね。
やっぱり最終的には好みかなって思います。

 

 

ワンステップ排卵検査薬って?

 

ワンステップ排卵検査薬というのは、排卵日を予測するものです。
これは自宅で使用するものなのですが、排卵日予測というのは病院でも行うことができます。

 

自分で排卵検査薬を購入して、自宅で排卵日を予測することももちろん可能なのですが、当然病院で検査してもらうのはより確実に排卵日を予測できますのでおすすめです。
生理の周期が不安定な方の場合には特に病院で検査をしてもらうというのが良いでしょう。

 

病院で行われている排卵日を予測する場合には超音波検査法を行うのが大半です。
個人で行う排卵日予測よりも精度が高くなるんですよ。

 

とはいっても個人で行う排卵日予測というのは排卵検査薬を使用した方法だけではありません。
基礎体温を測定するなどといった方法は一般的ですね。

 

病院で行う超音波検査法ですが、これは超音波を使用して卵胞の大きさを測定します。
そして、排卵日に近づくと卵胞というのは大きくなります。
排卵日当日になるとそのサイズは20mm程度の大きさにまで成長していきます。

 

つまり、卵胞の大きさによってあとどの程度で排卵をするのかを判断することができるのです。
また、大きさだけでなく卵胞の状態までしっかりと確認することができるんですよ。