デジタル式の排卵検査薬は簡単!

 

排卵検査薬は、使い始めの内はとても苦労するそうです。

 

なぜなら、ほとんどの排卵検査薬は、アナログ式というタイプに属すからです。

 

具体的には、アナログ式の排卵検査薬は、尿をかけて出る陽性反応の濃さを、自分の目で見なければいけないため、まだ薄い陽性しか出ていない内は、慣れるまで中々判断が難しいんですね。

 

そのため、適切な性交渉のタイミングをとれないということも、最初の数か月はザラとのことでした。

 

しかし、排卵検査薬は決して安いものではありませんし、なるべく早く妊娠したいからこそ排卵検査薬を使う訳ですから、なるべくそうして排卵検査薬や時間を浪費することは避けたいところです。

 

そこで、アナログ式の排卵検査薬に比べるとかなりレアですが、デジタル式のものを使うと良いそうです。

 

有名なものとしては、クリアブルーイージーデジタルやチェックワンデジタルが挙げられます。

 

なんでも、これなら機械の方で全部判断してくれるため、使用者は画面に表示されたマークを見るだけで良いのだとか。

 

そのため、クリアブルーイージーデジタルやチェックワンデジタルなどの、デジタル式の排卵検査薬を使えば、初めの月から適切な性交渉のタイミングを図れるとのことでした。

 

 

日本の排卵検査薬は損!?


価格で排卵検査薬を選ぶのであれば、海外産の排卵検査薬しかありません!

 

日本製の排卵検査薬の価格は、やっぱり世界に比べて、高すぎます!

 

本当に不妊で苦労している人にとっては、大変な経済的負担になっていると思います。

 

不妊治療をしている人は、やっぱり1回で妊娠できず、何度も何度も挑戦することが多いので、大量の排卵検査薬と妊娠検査薬を消費します。

 

妊娠検査薬もあんまり安くはないですが、排卵検査薬の方が、失敗も多く、消費する数が多いので、どうしても排卵検査薬は価格が安い方が有難いです!

 

消耗品は安くゲット出来た方が、絶対にお得!

 

長期的な目で見た時に、日本製の排卵検査薬では、大変な出費になります。

 

生理周期が乱れている人が、日本の排卵検査薬で1日に複数チェックしたら、1万円じゃ済まない可能性も出てきます。

 

病院でのタイミング指導でも、1カ月に1万円くらいかかるって言われていますので、だったら病院でお世話になった方が良いんじゃないのかと思ってしまいます。

 

生理周期が不安定な人は、極力価格の高い日本製の排卵検査薬は避けた方が無難。

 

海外製の排卵検査薬の方が、全然安く、本数も多いので、お金を気にしながらケチケチ使う必要がなくてストレスフリーになります!

 

 

無排卵でも生理が起こる

 

無排卵でも生理が起こるって知っていましたか?
最近、なんだか生理の期間が短くなっているので、ちょっとおかしいなって思っていました。
そこで、産婦人科に行ったら、どうも無排卵になっているとのことでした。

 

私はてっきり、無排卵だと、生理がないのかと思いましたが、生理自体はあるようですね。
ただ、生理の周期がすごく短くなってくるので、そこが正常の月経とは大きな違いになってくるそうです。
生理がきているから安心っていうわけではないようです。

 

私はもう子供を二人生んでいるので、そこまでは気にしなくても良いですが、これから子供が欲しいと思っている人にとっては、やっぱり卵子が出てこないとなると、大変な問題です!

 

それこそ誘発剤を利用して治療する方法もありますしね。
ただ、誘発剤を利用してしまうと、三つ子とか4つ子が生まれる可能性が高くなるので、それもリスクが高いんだなって思いました。

 

やはり何かしら、手を加えると、どこかにシワ寄せがでてしまうんですね。
誘発剤があるから大丈夫という考えはやっぱり危険のようです。

 

自然な卵子で妊娠できるっていうのは、やはり一番安全な方法なんだなって再確認しました。
人の手が加わることで、すごく出産リスクも高くなる場合もあります。