排卵検査薬を使うタイミングが分からないなら?

 

排卵検査薬を使い始めるタイミング、というのがあるそうですが、自分の生理周期や日数をちゃんと把握しておかないと、中々特定できないそうです。

 

そうかと言って、勘で使い始めてしまうと、陽性がくっきりと濃く出る前に、排卵検査薬が無くなってしまった、という事態にもなりかねません。

 

そこで、毎日でも遠慮無しに使えるくらい、安い排卵検査薬がないか探してみたところ、ワンステップというのを見付けました。

 

なんでも、アメリカで製造されている排卵検査薬なのですが、50本単位から買えて、1本につきたった80円程度しかしないのだとか。

 

日本製の排卵検査薬で一番お手頃価格のドゥーテストですら、1本につき400円くらいしますから、確かにこれは安いと思います。

 

また、安いからと言って、品質が悪いという訳でも決してありません。

 

なぜなら、アメリカでは厚生労働省のような国の機関から、ちゃんと承認を受けた上で使われているからです。

 

つまり、個人輸入の関係上、何かあっても自己責任という制約はつきますが、ワンステップならまず心配無いんですね。

 

そのため、ワンステップなら惜しまずに毎日使える関係上、生理があまり安定していない人でも、確実に妊娠しやすいタイミングを予測できるそうです。

 

日本の排卵検査薬が嫌われる理由


日本の排卵検査薬って価格が高いので、ケチケチ使ってしまう人が意外に多い。

 

本当は朝晩や朝昼晩でチェックしたいけど、そんな使い方をしたら、すぐにもう一箱購入しないといけなくなってしまうので、気軽に複数使用が出来ません!

 

「本当はもう一本使いたいけど、我慢、我慢」って、ケチケチして使っているのって、すごくストレスが溜まります。

 

私はそういうのが嫌で、価格が安くて大容量の海外製の排卵検査薬に切り替えました!

 

海外製の排卵検査薬だと、50本とか入っているので、1日に3本使っても、10日分以上あります!

 

それでいて、1パックの価格が日本製の7本入りと同じくらいなんですから、本当にお得です!

 

1日3本使いで、10日分以上を日本製の排卵検査薬で用意するとしたら、1万円はまず超えます!

 

毎月そんなに排卵検査薬だけにお金がかかるんだったら、正直不妊治療の病院に通院した方が良いレベル。

 

病院に通ったほうが、精度だって高いですしね。

 

やはり毎月5千円以内で気軽に試せるからこそ、市販の排卵検査薬って良いんだと思います。

 

何万円も超えるのはさすがにバカらしいです!

 

そう考えると、やっぱり海外製の排卵検査薬の方が、素人にとっては金銭的な負担が少なくて、使いやすいと思います。

 

 

排卵検査薬ドゥーテストで妊活します

 

妊活して始めてから半年が経ってしまいました。出来れば病院へ行って不妊治療をするのは、避けたいなと思っています。
というのも、友達が不妊治療をしていたのですがそのことがストレスになってしまい、2年近く子供が出来ませんでした。

 

ストレスのせいで、職場でも上手く行かず二重にストレスが溜まってしまったんです。
結局、仕事も辞め不妊治療も辞めてから2ヶ月後に妊娠する事が出来たので良かったです。

 

「不妊治療の辛い日々が無駄だったような気がするよ」と笑って言っていました。
不妊治療はタイミング法を試すから、まずは自分で基礎体温を測って排卵日がいつか確認してみるといいよと言われました。

 

他にも排卵検査薬を使って排卵日をチェックする事が出来ると教えてくれました。友達が使っていた排卵検査薬ドゥーテストを買ってみることにしました。
排卵検査薬ドゥーテストと検索してみると、通販でも買える事が分かったので、早速注文してみました。

 

イメージ的には使い方が難しいのかなと思っていたのですが、とっても簡単そうなので安心です。
排卵検査薬ドゥーテストを使って妊活がんばろうと思います。