女の子を産み分けたいなら排卵検査薬!

 

産み分けは、男の子よりも女の子の方が難しいそうです。

 

なぜなら、女の子の生まれやすいタイミングというのが、ちょっと中途半端だからです。

 

詳しく言うと、男の子は排卵日とその翌日がチャンスなのですが、女の子は排卵日の前日と前々日なのだとか。確かに、これはオギノ式でははかりにくいと思います。

 

となると、後はもう勘でいくしかないのかとも思ってしまいそうですが…排卵検査薬という手があると分かりました。

 

確かに、排卵検査薬は24~36時間前に、排卵を予測して教えてくれると言いますが、女の子だとちょっと足りないように思えます。

 

排卵日の前日と前々日ですから。

 

しかし、中には2日前から予測してくれるものもあるそうです。

 

それは、「クリアブルーイージーデジタル」と「ワンステップ」です。

 

ちなみに、これらは海外製の排卵検査薬なので、日本の調剤薬局では売っていない関係上、ネット上で個人輸入を使って購入するしかありません。

 

それを聞くと、ちょっとハードルが高そうにも感じますが、実際のところ、個人輸入もただの通販みたいに今では簡単にできるため、下手をすると調剤薬局で買うよりも簡単みたいです。

 

そのため、女の子が欲しい場合は、クリアブルーイージーデジタルかワンステップを購入すると良いそうです。

 

 

1本500円もする排卵検査薬使えますか?


毎日ワンコインランチを探して、節約してくれている主人を思うと・・・。

 

日本製の排卵検査薬の価格って、ぼったくりに思えるほどの高額に感じませんか?

 

1週間7本入りで3500円って、うちの主人が聞いたら、排卵検査薬の妊活を反対されそうだなって思いました。

 

排卵検査薬って生理周期が安定している人だったら、1週間7本入りでも間に合うかもしれませんが。

 

生理周期が安定していない人にとっては、7本なんて2、3日で使い切ってしまうので、全く頼りにならない本数です。

 

たった2、3日でなくなってしまう消耗品に何千円もかけられません。

 

まあ、病院でタイミング指導をしてもらうよりは安いかもしれませんが。

 

病院と同じくらいの金額になっちゃうんだったら、病院で大人しくタイミング指導を受けた方が賢明ですよね。

 

私は日本製の価格の高い排卵検査薬は、早々に見切りをつけて、海外製の価格の安い排卵検査薬を使うことに決めました。

 

やっぱり旦那さんが汗水垂らして頑張ってきてくれているのに、排卵検査薬だけでどんどんお金を消費してしまうのは、ちょっと考えてしまいます。

 

海外製の排卵検査薬だったら、1本あたりが60円前後なので、これだったら旦那さんにも遠慮しないで済みます。

 

 

妊娠しやすいタイミングを排卵検査薬から把握する

 

海外製品を含めて、排卵検査薬の比較を行うことによって、満足度の高い利用につなげることができるかもしれません。値段が安くて、多くのキットが入っているものもあるので、1回あたりの検査料を割り出すことによって、コスト意識を持った排卵検査薬を利用することができます。

 

通販では海外製の製品を簡単に購入できるため、1回数十円で検査ができるということも夢ではありません。毎日使い続けることによって妊娠しやすい日を割り出すことが可能です。

 

継続的に利用することが必要とされている排卵検査薬は、使い続けながら自分の体のことを学ぶべきなのです。

 

日本製の排卵検査薬と同じように、尿をキットにかけるだけで判断できます。手軽に利用することができ、自分の排卵周期を知ることで、計画的に子作りを行うことができます。

 

年齢を重ねると、性行為に多くの体力が注がれます。高齢になるほど子作りや子育てに投入しなければいけない体力が少なくなってしまうので、できるだけ少ないチャンスを確実に手にしたいものですよね。

 

排卵検査薬を利用することは、恥ずかしいことではありません。子供をできるだけ早く欲する男女にとって、大きな支えとなるのです。妊娠しやすいタイミングを知るには、画期的なものであることは間違いありません。