女の子が欲しい時の排卵検査薬はどれ?

 

昔は、子供の性別なんて神様が決めるもの、といった感じでしたが、今ではある程度簡単に操作できてしまうそうです。

 

なぜなら、排卵検査薬があるからです。

 

排卵検査薬は、排卵日を24~36時間前に予測してくれるものですが、なぜこれで産み分けが可能なのでしょうか?妊娠成功率が上がるのは分かりますが。

 

調べたところ、排卵日とその翌日に性交渉をすれば男の子が、排卵日の前日と前々日だと女の子が生まれやすくなると分かりました。

 

だから、排卵検査薬によって排卵を細かく予測することが大切なんですね。

 

しかし、男の子はまだ良いですが、女の子だとちょっと排卵検査薬を使っても難しいと思います。

 

排卵日の前々日なんて、どうやって知るのでしょうか?排卵検査薬でほんのり薄い陽性が出たらすぐ性交渉に入る、とかでしょうか?

 

すると、海外製の排卵検査薬の中で、日本製のものより早く排卵日を予測してくれるものを見つけました。それは、「クリアブルーイージーデジタル」と「ワンステップ」です。

 

なんでも、これなら2日前から排卵日を予測して、陽性を示してくれるのだとか。

 

そのため、個人輸入という手間はありますが、女の子が欲しい場合はこの2つの内のどちらかを使うべきとのことでした。

 

 

排卵検査薬は使い方を間違えると陽性反応が出にくい


海外の排卵検査薬って使い方を間違えると、なかなか陽性反応が出にくいって言いますね。

 

ただ、海外製品に限らず排卵検査薬は同じ使い方をしていても、LHホルモン値を感知する基準がそれぞれ違うので、別々の反応を示すことも多々あります。

 

やはり少ないLHホルモン値で感知する排卵検査薬は、早々に反応が出ますので、多くのLHホルモン値を必要とする排卵検査薬よりも、早期発見に適しています。

 

ただ、人によってLHホルモン値っていうのは、何日目になればどれくらいのLHホルモン値が出ると決まっているわけではないので、体質によって全く結果が違ってきます。

 

そのため、排卵検査薬は、自分の体質に合ったものを使う方がやっぱりおすすめです。

 

LHホルモン値を多く必要とする排卵検査薬でなかなか陽性反応が出ないのであれば、LHホルモン値が少しでも反応する排卵検査薬に切り替えた方が、陽性反応がわかりやすくなります。

 

ただ、陽性反応の濃淡は、水分量を過剰摂取している時にも変化しますので、チェック前後の暴飲暴食は避けた方が良いですね。

 

特にアルコールは飲みすぎてしまうと、尿中の水分量が多くなり、薄い線しか出なくなる可能性もありますので、デキるだけ控えるようにしましょう。

 

 

排卵検査薬なら陽性反応が薄いところから濃くなるまで待つだけですから簡単ですね

 

先月から、友人のレポートに協力することになり、サンプルとして提供するために、毎朝起床後すぐに体温を測ってそれを記録するという作業をしています。

 

別にグラフにまとめるとかじゃなくて、専用の用紙に数字を書くだけなので、気軽に引き受けたのですが…これが思った程面倒臭くて参りました。

 

家の体温計、古いタイプなのか図り終えるまで90秒くらいかかるんです。なので、その間にまた寝そうになったり、その拍子に体温計落ちたりと、起床後に新たな苦行を課された気分です(笑)。まぁ今月中の我慢ですけど。

 

でも、不妊治療の一環で基礎体温を毎日つけるのってありますけど、こんな感じなのでしょうか?ちょっと自分の排卵期把握できるくらいまで記録溜まる前に、私なら挫折しそうです。グラフにもしなくちゃいけないみたいですし。

 

それなら、排卵検査薬でやった方が手っ取り早いのではないでしょうか。まぁ陽性反応出ても、薄い内じゃあまり効果なくて、濃くなるまで待たなくちゃいけないとかあるみたいですけど、絶対あんな毎日体温図ってグラフ書くよりは簡単だと思います。