MENU

お酒を飲んでも排卵検査薬には影響しない!?

 

妊娠中にお酒をガンガン飲んでしまうお母さんって、たまにいるんですよね。

 

まあ、健診の時にアルコールを飲んでいても、「飲んでいません」って嘘をついてしまえば、バレないですしね。

 

ただ、妊娠中にアルコールを飲みすぎると、やはり死産や流産の可能性、その他の発達障害なども指摘をされていますので、極力控えるようにするのが大事です。

 

排卵検査薬でもアルコールは禁止されてはいませんが、検査直前の飲酒は避けた方が良いと言われています。

 

ただ、正確な検査をしたいのであれば、やっぱりアルコールの影響がないとは言い切れないので、数日間だけでも禁酒した方が排卵検査薬で正確な診断ができますね。

 

アルコールはすぐに止めろと言われても、簡単に禁酒することはできません。

 

妊娠前から、徐々に禁酒を進めていかないと、やっぱりいきなりは止めることができません。

 

アルコールがお腹の赤ちゃんへ与える影響は大きいので、ママになりたい人は、子供のためにも、自分の体調管理のためにも、少しずつお酒を抜く練習をしておきましょう。

 

排卵検査薬を使っていても、排卵日の後は禁酒を解禁して、お酒を楽しんだり、メリハリをつけてアルコールと付き合うようにすることが必要です。

 

排卵検査薬の時にお酒はやめよう

 

母親になるのに、意識が低い人って、時々いますよね。

 

私は妊娠したら、アルコールは禁酒が当たり前だと思っていました。

 

でも、妊娠しても、アルコールが止められない人って意外に多いんです。

 

「これ、ノンアルコールだから平気だし」って毎日ビールを飲んでいる子がいました。

 

その影響かはわかりませんが、毎日ノンアルコールのビールを飲んでいた子は、お子さんが低体重で生まれてしまい、母子同時に退院が出来ず、赤ちゃんが退院して良い体重を超えるまで、赤ちゃんだけ入院になってしまいました。

 

当然、お金も余計にかかるし、赤ちゃんと一緒に暮らせないし。

 

「ノンアルコールなんて飲まなければ良かった」と非常に後悔をしていました。

 

結局、ノンアルコールって、完全にアルコールが入っていないわけではなく、1%未満だったらノンアルコールを名乗れるので、アルコールが入っている可能性があります。

 

排卵検査薬でも、ちょっとくらいのアルコールだったら問題ないと言われていますが。

 

やっぱり大量に毎日アルコールを飲んでいたらさすがに排卵検査薬の結果にも影響が出てきます。

 

やはり子供を望むのであれば、その間だけでも、しっかり禁酒して、自分とお腹の赤ちゃんの健康を守ることが必要だと思いました。