ワンステップ排卵検査薬というアメリカ製の排卵検査薬がバージョンアップしたそうです。

 

排卵検査薬ってバージョンアップするんだ…。

 

何を変える必要があるの?

 

そう思う方も多いと思いますが、公式サイトを見てみると、確かにバージョンアップしてました。

 

詳しくは後でご説明しますが、大きな変更は二点。

 

1.陰性と陽性の判断がとても簡単になって、迷わなくて済むようになった

 

2.感度が上がった。現在アメリカではトップの感度

 

この二点の変更によって、果たして本当に排卵検査薬としての能力は上がったのか。

 

つまり、従来のものより妊娠の確率を上げるのに役立つ排卵検査薬になったのか。

 

そのようなことを検証してみたいと思います。

 

 

 

目次

・ワンステップ排卵検査薬クリアは判定がはっきり分かりやすい
・排卵検査薬の感度はやっぱり高い方が良いの?
・感度が高いとこんなに良いことがある
・繰り返し検査するほど精度が上がる排卵検査薬
・妊活が楽しくなる排卵検査薬

 

ワンステップ排卵検査薬クリアは判定がはっきり分かりやすい

新しいワンステップ排卵検査薬クリアは、判定が簡単。

 

今までは、コントロールラインと呼ばれる基準線と、テストラインと呼ばれる検査によって出現した線の色を見比べなければなりませんでした。

 

コントロールラインと比べて、テストラインの色は濃いかな?それとも薄いかな?と見比べて、同じ程度の濃さか、明らかに濃いと判断できれば、陽性という判断でした。

 

これでも特に難しいとは思いませんが、確かに、これではあいまいに感じることがありますよね。

 

つまり陽性にも見えるし、陰性と言われれば陰性かもしれないという微妙な濃さの色のとき。不便かと聞かれればそれほど不便なわけではないけど、何となくモヤモヤしてしまうということがありました。

 

ところがワンステップ排卵検査薬クリアの方では、色の濃さは関係なし。線が浮き出れば問答無用で陽性です。

 

 

排卵検査薬の感度はやっぱり高い方が良いの?

 

ワンステップ排卵検査薬クリアでは、感度が20mIU/mlに設定されており、現在アメリカでトップの感度だと言います。

 

それは良いんだけど、感度が高いことがそんなに自慢になるの?という話でもありますよね。

 

だって、あんまり感度が高いと、排卵日の随分前から陽性反応が出てくることもあるということではないですか。

 

問題は陽性反応が出てからどれくらいの時間で排卵に至るかなんだけど、あんまり感度が高いと、その、排卵までの日数が長くて仕方ないということになりはしませんか。

 

それは排卵の5日前かもしれないし、6日前かもしれない。

 

排卵の5日前とか6日前を知ってどうするの?という気持ちはありますよね。

 

そんな幅だったら、そもそもだいたいの排卵期は知ってるんだから、検査する意味ないじゃないと感じる人もいるかもしれない。

 

感度が高ければ良いなんてことはない…。

 

でも、はっきりと目で見て早めに排卵期を知ることができることのメリットはあるのです。

 

感度が高いとこんなに良いことがある

ワンステップ排卵検査薬クリアを使うなら、少し考え方を変えた方が良いかもしれません。

 

考え方も少しバージョンアップ、というわけです。

 

排卵検査薬は排卵日前を予測するためのアイテムですが、ワンステップ排卵検査薬は、排卵に向けて準備する期間を早めに伝えてくれるアイテム。

 

排卵日は一日しかありませんから、準備は早いに越したことはありません。

 

ところで、排卵検査薬はあくまで排卵日を予測するアイテムですが、妊娠のためのベストタイミングは排卵の二日前だと言います。

 

排卵日を目がけて夫婦生活を営むという方が多いのではないでしょうか。排卵日がチャンスだって普通は思いますよね?

 

でも二日前なんです。ほんとうにタイミングを取るべきは。

 

しかし、多くの排卵検査薬は、陽性反応が出てからおよそ36時間以内に排卵が起りますと書いてあると思います。

 

この時点で排卵日の二日前は逃しているんですよね。

 

じゃあこの二日前を予測するためにはどうすれば良いかと考えれば、感度が高い排卵検査薬を使って、上昇し始めをいち早く察知すること、となります。

 

その時点で仮に排卵日の4日前だとしたら、ベストタイミングの2日前に向けて準備期間が2日もあるということになる。

 

これはメリット以外の何物でもなく、バージョンアップの意味があるということなのかなと思います。

 

繰り返し検査するほど精度が上がる排卵検査薬

早め早めに排卵期を予測できることで、ベストタイミングである二日前を、余裕を持って迎えることができる。

 

でも、排卵日の二日前ってどうしたら分かるの?という疑問はありますよね。

 

ここが難しいところだと思います。

 

多分、絶対に一回ではこの二日前を捉えることはできない。

 

ワンステップ排卵検査薬クリアは、早めに陽性反応が出ます。その時点で、排卵日までどれくらいあるのかは分かりません。

 

検査を続ければ、線はジワジワと濃くなっていくでしょう。

 

ピークに達したら、約12時間以内には排卵が起きると言います。

 

つまり、一度陽性反応が出てからピークに達するまでの日数(時間)を把握して、逆算して二日前を割り出さなければならない。

 

難しく聞えるかもしれませんが、ピークに達する前にタイミングを取りたいから、ピークに至るまでの日数を把握しておく必要があるということ。

 

もちろん、ピークに至るまでの日数を知らない状態でも、陽性反応がうっすらとでも出た時点で適度にタイミングを取るという予防策を講じることはできますが、より効率を求めるためには、やはり何度か小まめに検査して、排卵期の身体のリズムを把握しておくと良いでしょう。

 

検査を繰り返し、排卵二日前のタイミングを掴めてしまえば、妊娠の確率はきっと上がる。

 

つまり、検査を繰り返すごとにタイミングの取り方が上手になって、妊娠という目標が達成しやすくなる。

 

このように、バージョンアップしたワンステップ排卵検査薬クリアは、排卵日を知るには少々不便かもしれませんが、肝心の排卵前のホルモンの動向を探るのに適した製品となっているのです。

 

妊活が楽しくなる排卵検査薬

ワンステップ排卵検査薬クリアは、あえて感度を高く設定することで、排卵日の二日前を捉えられるようにするためのアイテムです。

 

排卵日の二日前がベストタイミングだけど、従来の排卵検査薬では二日前に前もって諸々の準備をするのが難しかった。

 

だからこそワンステップ排卵検査薬クリアは、バージョンアップによって早めに陽性反応を示してくれる(しかもはっきりと!)排卵検査薬となったのです。

 

パートナーと時間を合わせること、予定を入れないようにしてもらうこと、その気になっておいてもらうこと。

 

デートプランを練るのも楽しそうですね。排卵日の2日前がベストなタイミングだと言いますから、その日は外でご飯を食べて、少し遠くのホテルへ行っても良いかもしれません。

 

休みの日と重ねるようなら、急きょ温泉旅行にしても良いかもしれませんね。

 

出かけなくたって、ちょっとお料理で贅沢をしたり、一緒にお風呂に入ったりという日にはできるかもしれません。

 

排卵期を雰囲気の良い日にしたり、贅沢な時期にすべく、デートの予定を立て、ホテルや宿を予約するというひと手間が取れるようになるのです。

 

これも、早めに排卵期を知ることができるメリット。

 

何をするかは別として、余裕があるだけで妊活が少し楽しくなると思いませんか。

 

楽しい時間は早く終わる。

 

妊活期間が楽しければすぐに終わります。

 

これは少々強引な話ですが、本当に、楽しくリラックスしてやるというのは妊活の重要なポイントでもあるって言いますよね。

 

バージョンアップして楽しく妊活をするための余裕を作れるようになったワンステップ排卵検査薬クリア、どの検査薬が良いかと迷っているなら、試しに使ってみてはいかがでしょうか。

更新履歴